うつ病に効果的な治療法|入院して治療に励むという選択肢

2人の医師

心の健康を保つために

カウンセリング

現代社会で急増する病気

さまざまなストレスに晒される機会の多い現代社会で、幅広い世代に急増しているのがうつ病です。気分の落ち込み、不眠、不安、食欲不振などは誰もが経験する状態ですが、程度が酷く、長期間にわたって継続するような場合には、念のため精神科や神経科など、専門医による診察を受けることが大切です。うつ病にみられる症状は、抗うつ薬や睡眠薬、抗不安薬などの薬物を適切に服用することで、徐々に軽快していく場合が殆どです。精神科の薬と聞くと副作用や依存性について心配する人も少なくありませんが、最近では副作用の少ない優れた薬が数多く発売されていますし、医師の指示を守って正しく服用していれば依存性を心配する必要もありません。薬物療法に加えて、臨床心理士によるカウンセリングや、認知療法、行動療法などが取り入れられることもあります。ほとんどの場合、通常通りの社会生活や家庭生活を送りながら通院での治療を受けることが可能ですが、病状や生活環境によっては入院治療を視野に入れる必要も出てきます。入院治療を検討するにあたっては、治療方針や必要な費用などについて、担当の医師やソーシャルワーカーとよく話し合って納得することが大切です。

充分な休息が不可欠

入院治療のメリットは、なんといってもしっかりとした休息を確保できることです。うつ病の回復には、充分な休息が欠かせません。特に激務の仕事に着任していたり、小さな子供を抱えていたりして生活のリズムが不規則になりがちな場合は、思い切って入院することで快方に向かう可能性が高くなります。最近では各種のメディアによる報道を通してうつ病への認知度が高まっており、メンタルヘルスについての理解を深める取り組みを進めている職場も増えています。職場や家族からの理解や協力は、安心して治療に専念するための大きな助けになります。うつ病の悪化や再発を防ぐためには、退院後も無理や焦りは禁物です。すぐに復職をしない場合には、社会復帰への足がかりとしてデイケアを利用するのも効果的です。決まった時間に外出することで生活のリズムが整うと同時に、対人関係に慣れる機会にもなります。通院や服薬は自己判断で中止してしまわずに、必ず医師と相談して決めることが大切です。うつ病の症状は患者本人にとって大変辛いものですが、症状が落ち着くにつれて、うつ病に罹ったことを貴重な人生経験のひとつとして前向きに捉えられるようになるケースも少なくありません。

環境の変化による効果

男の人

うつ病での治療は、通院をしながら治していく方法だけではありません。入院をしていくことで環境の変化が効果を高めてくれるので、これを選択していくこともできるのです。自宅で静養していくことが難しい場合などは、この入院で最適な治療を受けていくことも効果的です。

Read More...

健全な生活を送るために

頭を押さえる女性

うつ病患者には、ストレスの元となっていることから解放して治療に専念してもらうために入院が必要な場合があります。出来るだけ、入院の同意を求めてから入院してもらうようにし、得られるメリットを伝えて患者が回復しやすい環境づくりをすることが求められます。

Read More...

治療のための最適な環境

手を広げる男性

うつ病の症状が重かったり、自宅での治療が困難だったりする場合に、入院治療が必要になります。症状改善に向けた最適な環境を整えるためにも、入院中は規則正しい生活を送る必要があります。回復に向かう途上では散歩やその他のさまざまな活動も可能ですから、楽しみながらうつ病を克服できるでしょう。

Read More...

病院は回復する為の場所

下を向く男性

うつ病で入院するというと、マイナスなイメージを強く持っている患者が多いです。実際は生活リズムが整い、何か問題があっても24時間体制で医師や看護師が居るので安心です。入院することで、障害年金が受けやすくなり金銭的な負担や不安がかなり軽減されます。

Read More...