うつ病に効果的な治療法|入院して治療に励むという選択肢

女医

健全な生活を送るために

頭を押さえる女性

患者の同意

うつ病で入院するということは、極端な食欲低下や不眠状態が続いている場合、家から離れないと安静に出来ない、身の回りのことが自分で出来ない、副作用で薬がしっかり飲めないなどの問題がある時で休養が必要な時です。うつ病を発症する前にすでに精神や肉体に負担がかかっている場合が多いので、発症した時に心身ともに疲弊していることが多いです。特に女性のうつ病の場合は、休職をして職場と生活を切り離すことが出来ても、家では家で家事という仕事をするため、家にいると何かと気になってしまうことがあります。入院すれば症状が安定するまでは何も考えず、ひたすら治療に専念することが出来るのでしっかりと休養することが出来ます。うつ病で入院する人は、必ずしも重度の症状があるわけではありません。患者が治療により専念しやすいように環境を整えることが大切です。入院したほうがしっかりと治療できそうな場合は重い症状が無くても入院することも時には大切なことです。ですが、入院が必要だと周りが判断しても無理に入院させると患者の負担が大きくなることがあります。入院することで得られるメリットなどをしっかりと説明してから入院に同意してもらうようにします。

集中治療

入院治療は、薬物療法や精神療法などを中心に規則正しいサイクルで生活習慣も整えていきます。必要であれば、各専門医の治療を個別に集中的に受けることもあります。メリットは、うつ病患者をストレスのもととなっていることから解放して、ゆっくりと自分のペースで治療が受けられることです。病棟には二種類あり、閉鎖病棟と開放病棟があります。閉鎖病棟は、中に持っていけるものも制限されていて厳重な管理のもと、患者の安全が確保されます。その為、病棟には鍵がついているところも多く、患者や家族の出入りも限られています。一方、開放病棟の場合は比較的自由が認められていて、一人で外出することも可能だったり家に一時的に戻るなどの外泊も可能になっています。開放病棟のほうが家族も面会しやすい環境になっています。閉鎖病棟になるか開放病棟になるかは、病院側が判断することですが、最初は閉鎖病棟でもその後症状が良くなれば開放病棟へ移ることが可能な場合もあります。いずれにせよ、医師が判断して患者に適した治療ができる環境が選ばれることになります。一定期間入院すれば、症状がだいぶ落ち着いて普段通りの日常生活を送ることも出来るようになります。